七飯じゅんさい沼にカヌーの進水式に参加してきました,

4月13日に七飯じゅんさい沼にカヌーの進水式に参加してきました
風は寒かったですが,駒ヶ岳はとってもよく見えました
午後からは教職大学院の授業です
d0146612_14153302.jpg
d0146612_14152672.jpg

[PR]
# by kazukunfamily | 2018-04-14 14:15

幼稚園でのごっこ遊びを軸にしたプログラミング思考育成に関する研究スタート

4月に以前から幼稚園のタブレット活用した遊びの指導をしてもらっている市内の先生の元へ
幼稚園でのごっこ遊びを軸にしたプログラミング思考育成に関する研究スタートと
院生の小学校におけるプログラミング教育導入に関する研究への支援をおねがいしてきました
先生の教室には,魅力的なアイテムがたくさんありました

d0146612_14114547.jpg
d0146612_14110919.jpg

[PR]
# by kazukunfamily | 2018-04-14 14:11

幼稚園の入園式は笑顔とアートがいっぱい

本年度の附属函館幼稚園の入園式が4月6日にありました
3・4/5/歳児・と送り出す保護者の皆様,入園おめでとうございました
迎える,教員が創ったアートには,楽しんでねという思いがあふれていました


d0146612_14061478.jpg
d0146612_14062506.jpg

[PR]
# by kazukunfamily | 2018-04-14 14:06

2018年3月あれこれ 江差の巨大ニシンのぼりと 息子の結婚

d0146612_09410408.jpg
d0146612_09405895.jpg
d0146612_09405380.jpg
もうすぐ平成29年度も終わります
この年度は,北海道教育大学函館校に教職大学院が開設され,その後の対応に院の先生方と努力した1年でした。
幼稚園では,数々の行事,研究に,先生方と努力,楽しみました。(くわしくは附属函館幼稚園ホームページで,僕が担当です)
個人的には,孫が増え,母を天国の父の元へ送り,息子が素晴らし女性と結婚するなど,うれしいこと さびしいこと いっぱいあった1年でした
で,しめくくりは,日本一,たぶん世界一のニシンのぼりです。江差町の方,デザインカンパニーと共同で制作してきました。今年の5月には江差町のカモメ島で泳ぐことでしょう。(お楽しみに,)また,江差の「巨大ニシンをみんなの手形で空に押し上げよう」ワークショップ用に,空を泳ぐニシンロケットを考案しました。江差の空に子どもが泳がせる日がくるといいです。

[PR]
# by kazukunfamily | 2018-03-30 09:42

図画工作における「主体的・対話的で深い学び」の実現

新学習指導要領に関する主体的・対話的で深い学びに対する図画工作科の在り方を探るため
中央教育審議会「幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別 支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について (答申)を参照に,その在り方を整理してみました

「主体的・対話的で深い学び」の実現,(下図)
d0146612_11204239.jpg

アクティブ・ラーニングの視点に立ち,活動と学びの 関係性や,活動を通して何が身に付いたのかという観点 から,学習・指導の改善・充実を進める。
・「主体的な学び」の実現と図画工作」
 一人一人が活動全体を通して意欲的な活動を積み重 ね,作りだす喜びを味わう,最後までやり遂げるなどの 学習であることを踏まえることが大切となり,その上で・発想や構想をする場面・技能を働かせる場面・作品 などからよさや美しさを感じ取る場面のそれぞれにおい て「見方・考え方」を働かせるようにすることが重要になる。
・「対話的な学び」の実現と図画工作  
教員や友達,地域の人だけでなく,自分と対話しなが ら学ぶ学習活動だということを踏まえることが大切とな り,その上で一人一人の資質・能力を高めるために,対 話の対象や方法を考え学習活動を設定することが重要に なる。
・「深い学び」の実現と図画工作  
造形的な創造活動において,つくりたいことや表した いこと,見たいことなど,子供が自ら課題を見付けるこ とを重視している学習であること踏まえ,その上で一人 一人が「見方・考え方」を働かせて,造形的な創造活動 に取り組むことができるようにすることが重要になる。
[PR]
# by kazukunfamily | 2017-08-03 11:21 | 図工教育法の授業情報

新指導要領対応のパンフ作りました

新指導要領対応のパンフ作りました

例えば,図画工作における見方・考え方については
 美術教育における「見方・考え方」**  美術教育の「見方・考え方」の特徴は,知性と感性の 両方を働かせて対象や事象を捉えること,すなわち知性 だけでは捉えられないことを身体を通して,知性と感性 を融合させながら捉えていくことがこの教科が担ってい る学びとされる。また,個別性の重視による多様性の包 容,多様な価値を認める柔軟な発想や他者との協働,自 己表現とともに自己を形成していくこと,自分の感情の メタ認知なども含まれており,そこにも,この教科を学 ぶ意義や必要性がある。そして,図画工作科で育む「見 方・考え方」は以下のように示されている。  「感性や想像力を働かせ,対象や事象を,形や色など の造形的な視点で捉え,自分のイメージを持ちながら意 味や価値をつくりだすこと」  この「見方・考え方」は,表現及び鑑賞に共通して働 く資質・能力である〔共通事項〕とも深い関わりがあり, 今後,題材開発の際にはその関連について意識して進めていくことが求められる。
d0146612_11145052.jpg


パンフは授業で使うテキスト「元気をつくる造形教育の理論と実践」の補助資料として配布予定です

**=中央教育審議会「幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別 支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について (答申)」参照
[PR]
# by kazukunfamily | 2017-08-03 11:11 | 図工教育法の授業情報

附属幼稚園の預かり保育で学生が学んでいます 研究室報告

附属幼稚園の預かり保育で学生が
担当の先生の助言・支援の元
実践的に
遊びを軸にした実践づくりの在り方を学んでいます

七夕の空に飛ぶ UFOづくりの実践から
d0146612_1141379.jpg

[PR]
# by kazukunfamily | 2017-08-03 11:04 | 橋本ゼミの活動報告

教職大学院が函館校が始まりました 橋本研究室2017報告

教職大学院が函館校が始まりました

現職教員院生3名
ストレート院生2名の
5名の院生と
実務家教員3名
研究者教員2名体制で
教職大学院が函館校の授業が始まりました
みんな熱心に授業を受け,自らの研究テーマの研究・実践を積み重ねています
d0146612_10574878.jpg


詳しい教職大学院の情報は下記のHPへ
http://www.hokkyodai.ac.jp/faculty/post/professional/guide_tpgs.html
[PR]
# by kazukunfamily | 2017-08-03 10:59 | 地域情報

園長先生として,スキー指導もしました。

園長先生として,スキー指導もしました。
d0146612_1634463.jpg

少し腰が・・・
[PR]
# by kazukunfamily | 2017-03-25 16:34 | 教授のアート

教職大学院函館校の開設準備進んでます

教職大学院函館校の開設準備進んでます
双方向授業室です。
d0146612_16325260.jpg

[PR]
# by kazukunfamily | 2017-03-25 16:32 | 地域情報

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧