人気ブログランキング |

本の紹介 わかる!できる!うれしい!3STEPで変わる「魔法」の美術授業プラン

「3STEPで変わる「魔法」の美術授業プラン」
清田哲夫先生の本です。
内容は以下の通りですが、気になるのは言語活動のところですね。
言語とアート表現の接続を大学で論文に書こうとしている学生にいい指針になると思いますし、
現場の先生のレポートづくりにも役立ちますよ。
あとは、町の看板づくりが個人的には好きですね。
社会と連携した授業実践のヒントにもなります。ぜひ買いましょう。
d0146612_18543988.jpg

1 「先生,何も思いつきません。」
   ―美術の時間に見られる生徒たちの発想システム―
 1 「先生,何も思いつきません。」の重み
 2 「思いつく」の構造
 3 発想の3つの手順
 4 壁を越えるための支援
 5 「思いつく」ための授業展開
  [授業実践] 「先生,何も思いつきません。」対策① 「私の国の記念切手~MY WORLD STAMPS~」
  [授業実践] 「先生,何も思いつきません。」対策② 「メイとサツキのソックスデザイン」
2 「えーっと。なんだっけ。」
   ―美術の時間における「言語活動の充実」―
 1 生徒たちの環境にある「言葉では伝えきれない何か」
 2 「えーっと。なんだっけ。」が私の美術教育の基本
 3 「言語」を「言語以外の表現」に移し変える授業
  [教材の窓①] ガラストマト(絵本の挿絵を描く)
 4 トランスクリプション(表現転写)の4つのパターン
  [教材の窓②] 音楽を描こう(CDデビューをしよう)
 5 五感を言語で表現すること
  [教材の窓③] 手の温もりを伝える Re:デザイン
  [教材の窓④] 木のにおいを嗅いでごらん
  [教材の窓⑤] 剪画(切り絵)でつくる光と影
 6 「言語活動の充実」を美術の単元で展開する
 7 「プレゼンテーション」による授業実践
  [授業実践] 「えーっと。何だっけ。」対策 「私は旅行プランナー~秘密の旅行計画~」

3 「別に画家になるわけじゃないし。」
   ―美術授業から大作が生まれるとき―
 1 言われちゃったよ。「別に画家になるわけじゃないし。」
 2 ならば「画家になりたい」って言わせてやろうじゃないか
 3 次の作品につながるような教材づくり
  [教材の窓⑥] 名画に侵入~森村泰昌さんの作品から~
  [教材の窓⑦] コラージュとドライポイント~横尾忠則さんの作品から~
 4 授業の次の展開を放課後に
 5 次の展開ができる生徒たちとできない生徒たち
 6 考えても見つからない理由だから
  [教材の窓⑧] 絵画を版画に作り換える
  [教材の窓⑨] 「自分の作品」を「自分の作品」に登場させる
 7 「寄り添う」ことで,次の展開の作品が生まれる
  [授業実践] 「別に画家になるわけじゃないし。」対策① 「頭に泳ぐ魚を捕まえよう」
  [授業実践] 「別に画家になるわけじゃないし。」対策② 「ドリッピング(色彩の洪水)」
  [教材の窓⑩] 「自画像」の指導について

4 「先生,掃除機がほしいです。」
   ―私たちの「場」をつくる―
 1 作品制作も自分の「場」をつくることが大切
 2 お客様アーティストが続かない理由
 3 掃除からはじめます
 4 続けられる掃除
 5 ここが私たちの場所だ。仲間だ
  [教材の窓⑪] 文化祭ステージ背景画
 6 もう一つの要因
 7 地域との連携
 8 地域連携の実践
  [授業実践] 「先生,掃除機がほしいです。」対策① 「トロフィーを作ろう」
  [授業実践] 「先生,掃除機がほしいです。」対策② 「私のまちの看板作り」

5 「ありがとう。」
   ―この最高の評価。―
 1 評価とはなんだろう
 2 原石は磨けば輝く。のでしょうか
 3 強い光で輝くために
 4 自分たちの展覧会を作る
 5 「美術だーいすき!」と言われるために

明治図書、1800円ですよ。
by kazukunfamily | 2010-08-26 18:56 | 本の紹介

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る