この本買いましょう。美術と知能と感性―認知論から美術教育への提言

いゃー待っていました。
もう即買いましたよ。
美術と知能と感性―認知論から美術教育への提言
アーサー・D. エフランド、Arthur D. Efland、 ふじえ みつる 訳(単行本 - 2011/1)
新品: ¥ 3,150
藤江先生の訳なんて、楽しみ楽しみ。
すこし、とっつきにくいかもしれませんが、今回の指導要領改訂ででてきた「感性」や「なぜ美術教育をするのか」を語る上で、最高のアイテムになりますね。
d0146612_2128313.jpg


えー、今日は15時間ぐらい論文の修正をしていました。まるでパズルですね。しかし、査読の先生のご助言はありがたやー。でした。

しかし、3月は本当にもえつきました。
ところで、事情があり、フォーフォーを手放すことに。
4月からは、A170で通勤です。
[PR]
by kazukunfamily | 2011-03-31 21:30 | 本の紹介

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧