中学校美術科のはじまり

れれ?戦後は中学校も図画工作だったの?
そうだったのですが・・・・。つつきです。

小中学校の図画工作教育は新しい立場に立つ造形教育としての諸種の問題が検討されたが、小学校の充実ぶりに比べ中学校は今ひとつだった。その背景には中学校の内容は造形教育として一体的な運営が十分に準備されないまま新しい教育課程がはじまったため、設備・施設の不足や成長した中学生にとって一科目の図画工作では、その広範囲な内容をカバーしきれていなかった。
そして、芸術・美術教育への関心が増大するにつれて図画工作科は美術教育1本でよいとい風潮の現場の実践がふえるにつれて、合理的創造をあつかう工作教材にへの関心はもりあがらなかった。
 一方、子どもの美術への関心も高まり、各種描画材料も開発され、児童画のコンクールが増加する内で、図画工作=絵画教育という一歩的な解釈も存在するようになった。
 そこで、戦後の図画工作の正しいありかたを論ずる研究大会が1948年の愛知を皮切りに開催され、そのたびに名称問題、高校の必須制の問題、大学教員養成部門の単位必須問題が当局へ誓願された。
 こうした、全国大会に刺激され各地で諸研究集会がひらかれるようになり、造形教育・美術教育に対するいろいろな立場の諸団体が結成された。又、1951年の英国でのユネスコセミナー参加をきっかけに、諸外国組織との交流もさかんとなり、FEAやINSEAへの参加もおおくなり、ついには日本でも開催されるに至った。デザイン教育の必要性に関しても1960年の世界デザイン会議の日本開催をきっかけに議論されるようになった。
 一方、文部省では近代的な世界の動きや国内の実情を考慮して、1958年の教育課程審議会の答申において、改革をおこない、中学校では新しく美術科・技術科・家庭科を設置し、指導要領も全面的に改められた。

ということで、現在の形になるのは1958年で、私のうまれる前ですね。
随分昔ですが、この当時、要領改訂に対しては各種研究団体の意見がけっこうとりいれられたとのこと、やはり意見は発しないと形にはならないのですね。先人をみならいましょう。
[PR]
by kazukunfamily | 2011-08-10 22:38 | 教授の図工実践

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧