人気ブログランキング |

辻田嘉邦先生著作集ついに完成

辻田嘉邦先生著作集ついに完成しました。
この冊子は2月11日・12日の実践美術教育学会研究会in尼崎で手にいれることができます。
また,近く,学会のホームページからも入手方法がしめされるとおもいます。ぜひゲットしてください。
d0146612_21312356.jpg

その内容についてはの紹介

辻田嘉邦兵庫教育大名誉教授の美術教育における業績は、豊富な保育園から教員養成大学にわたる教育現場に関する豊富で奥深い実践研究に基づく実践的美術教育学の構築とそれに基づく図工・美術教育の教科書の制作、及び、表現を通して子どもの成長を願う教師への熱心な指導と啓蒙を現在に至るまでされ続けていることにあるといえよう。
「辻田嘉邦著作集」は、副題に「造形教育のポートフォリオ」とあるように、教員在任中に取り組まれた教育・研究のほか、数々の雑誌等に寄稿された母親むけの子育て相談等の文章も載せている。教員のみならず保護者にも、目前の子ども達すべてのたましいが輝かせるための助言として役立ててほしい。
 また、 美術教育については、その意義や考え方、内容、指導、評価のあり方などについて、大阪教育大学付属平野小学校教員時代の具体的な指導法にはじまり、大学教授時代の実践美術教育学の構造に至る豊富な著作から、教授本人に選んでいただいて掲載している。その文章は、現在、停滞している「造形遊び」等の実践を見直し、これからの造形教育のあり方を探ると共に、今の教育現場に求められている「生きる力」を育む教育の方向性を検討する上で参考になると考える。
 さらに、兵庫教育大学及び兵庫・鳴門・上越教育大学、岡山大学からなる兵庫教育大学連合教育大学院の創設、運営に関わられ実践教育学の構築に深く関わられていたその文献は、大学院等において実践的美術教育論を研究する者にとって、その推進の指針になると思われる。
 辻田名誉教授は、「難しいことは分かりやすく。易しいと思われることはより深く。」と学部、大学院のゼミ生に助言をくださっていた。その業績を著作集として、先生の著作を原文のまま網羅し刊行する。この著作が多くの美術教育に関わる方々によって、その実践・研究を深めるために活用されることを願う。
 この出版を快諾して下さり、編集の助言をいただいた先生に厚く感謝したい。
by kazukunfamily | 2012-02-02 21:31 | 本の紹介

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る