2,イギリスにおけるクリエイティブ・パートナーシップ事業 その1

2,イギリスにおけるクリエイティブ・パートナーシップ 事業について
(1)報告書「All our Futures」
d0146612_2135568.jpg

イギリスの学校教育では,近年,創造性の育成が一層重視されるようになっている。 
2002年から,芸術家を学校に派遣したり(クリエイティブ・パートナーシップ),創造的な芸術活動を行っている学校を評価し賞を与える(アーツ・マーク),若者のための芸術賞(ヤング・ピープル・アートアワード)等のプログラムが,政府の外郭団体「アーツカウンシ・イングランド(ACE)」の手によって行われている。     
学校に,これらのプログラムが導入されるきっかけになったのが,1999年,文化・メディア・スポーツ省と教育雇用省からの諮問を受けて,英国創造的教育・文化教育諮問委員会(National Advisory Committee on Creative and Cultural Education:NACCCE)により作成された調査報告書「AllourFutures:Creativity,Culture and Education」だった。
この報告書が出された背景には,1990年代に実施された全国的な学力テストによる「創造性を育てる前にまず学力向上」という風潮への反省があった。
学力テストで,子どもの学習内容は標準化されたが,試験に合格する技術が向上しただけで,本当の意味では学んでいないということが分かってきた。なぜなら,学力テストを受けた子どもが大学に進み,職場の一員となった時,自立して考える能力,質問をする能力,人と関わる能力等が十分に発揮できないということが判明してきたからである。
そして,創造性を軽視した教育では,激しく変容する21 世紀の社会・経済の中で生き残れないという議論が高まってきた。これを受けて発表されたのが『All Our Futures』だった。
「All Our Futures」では,まず,創造性を「独自性があり,かつ価値のあるような結果を生み出すために作り上げられる想像的な活動」と定義し,そして,「創造的な能力を身につけることは,―略-国や会社の国際競争力にとって重要になる」として,経済的発展のために創造的な能力を重視している。
さらに,「人間の活動のあらゆる分野において創造力が向上する可能性がある」と,創造性を芸術家や特定のタイプの人だけのものではなく,全ての人が身につけることが可能な能力としている。
そのため,報告書では,創造的教育を「若年者の独自のアイデアと行動に対する能力を開発する教育形態」と定義し,「子ども達が生産的思考と批判的思考の相互作用を理解し,処理することを手助けすることは,創造的教育の極めて重要な仕事」13)として,その充実を求めている。そして,「学校は現在,創造的で文化的な教育のための対策の質を向上させる個人や組織と幅広い分野で協働する」として,個人,組織間の多重連携による創造的教育の推進を提案している。
[PR]
by kazukunfamily | 2012-03-08 21:07 | 博士をめざす方へ

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧