人気ブログランキング |

和傘の鑑賞をしました。

自分たちの校区とみすのオリジナルの傘踊りをつくるため、まずは、傘の改造にとりかかっています。
その第2弾で、今日は和傘の鑑賞の授業をしました。
内容は、洋傘と和傘はどこが違うの?
子ども達の意見
和傘・・・竹、木、紙でできている。
     木・竹がまっすぐだ、
     持つところがまっすぐだ。
     手作りだ!
洋傘・・・持つところが曲がっている。
     傘のはりもまがっている(ふくらんでいる)
     ビニールや鉄が使ってある。
     機械でつかってある。
もってみて、
持ち方がちがうぞ・・・・
洋傘は、曲がるところをもって、杖みたい。
和傘は、どこを持つの?
      抱えるのかな・・・ぬれるぞ?
     あっ、時代劇で、先のところをもっていた。洋傘と反対や、杖にはならない。
回してみよう。
和傘の方が、たくさんの棒(骨)があるので、まん丸や。
まわしやすい。洋傘は、回す人にむかってまがっているので危ないな。
和傘は、回すときれい。音もなるな・・・
いろんな種類の和傘をみて・・
普段見る、植物とかがかいていある。
着物の柄もつかってある。
役者さんの名前の傘もあるぞ・・・

いろいろ、でましたが・・・画像は後日で・・
(なぜか、登録できませんが・・・?)
by kazukunfamily | 2008-11-18 23:29 | 子どもと鑑賞活動

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る