人気ブログランキング |

2008年 03月 16日 ( 1 )

街とアート、バッテリーパークの像

街の中にある、(たとえば駅前に)像やモニュメントをみると思い出す像があります。
d0146612_2145729.jpg

ニューヨークにあるバッテリーパーク(Battery Park)のこの像です
マンハッタンの一番南にある公園です。この公園にあるフリッツ・クーニングの彫刻は、ワールド・トレード・センターにあったものだそうで、メモリアルとしてここに置かれています。
その、像の前には鎮魂のための、火がともされています。

どの街の中にも、像や石碑があります。そのひとつひとつに願いや想いが込められているはずです。(多すぎるのは、確かに問題だとはおもいますが・・・)
そこで、いい本があります。
d0146612_21572698.jpg

今井祝雄さんの「アートする街角」発行プレーンセンター
1987年の本ですが、この本、よくできているというか、よく調べてあります。
都市空間にある造形や壁画さらにパフォーマンスについて、調べてあるのです。
主に関西で、今から20年以上前の内容ですが、いつも見慣れた、少し痛んだ、環境造形の中に込められた想いが伝わってきます。
もし、古本屋にあれば、是非買ってください。

私の「アート探検隊」という授業実践は、実はこの本がきっかけです。
by kazukunfamily | 2008-03-16 22:06 | アートと環境

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る