人気ブログランキング |

2010年 01月 17日 ( 2 )

環境芸術の方向性

②環境芸術の2つの方向性(芸術を縦軸にして)
1996年の環境白書は,現代の我々の生活において、芸術・文化は社会的に大きな比重を占め、不可欠の価値領域となって日常生活と関連する重要な意味と機能を帯びているとして,その役割や働きに注目している。そして,実例として「環境芸術」を以下のように紹介している。
「現代の芸術には、「環境芸術」と呼ばれる新しい試みが現われている。これは絵画や彫 刻のほか、音や光、さらには日常的な物体なども素材として、環境の中において芸術を 創ろうとする動きと言えよう」。
 この文に「絵画や彫刻のほか、音や光、さらには日常的な物体なども素材として」とあるように,環境芸術に彫刻や立体的なインスタレーションだけでなく,絵画も含めらている。ここでの絵画は風景としての環境を描き込んだ絵という意味だけではないように思われる。1967年の美術手帖の「現代美術用語」において,「すでにアクション・ペインティングは見る者も包み込んでしまう画面の巨大さ,行為そのものの強調の内に環境への志向性を含んでいたが,あくまでカンヴァス内でのかぎりでグローズアップされた行為がアッサンブラージュの日常的な現実性を媒介として現実の環境の中に解放されたのが,あるいは行為とてことして環境へ突破して行ったのがハプニングやイベントであり,したがってここでは行為の方により多くの重点が行われる」と環境の中で大地や壁といった物の上に,絵の具だけでなく,土や泥,草木の汁等で描くという行為をより重点においた絵画,及び,日常品等をアッサンブラージュする際に絵の具を用いる行為等をさしていると思われる。
 さらに,「光や音」というのは,光や色彩、時間や運動への関心から、煙や水、ネオンサイン等多様な素材を作品に取り込んでおこなわれたグループ・ゼロとの関連が連想できる。また,環境白書の解説においても「日常の物体なども素材として」としている点は,アラン・カプローのハプニングとの関連も見いだせる。
 このように環境白書では,特定のジャンルという括りで環境芸術を捉えず,環境に作家が参加する多様な表現の試み行われ,その活動が拡散している状況をこの一文で紹介している。ただ,その解説では環境と芸術の関係をもとに環境芸術の成立要素を以下のように説明している。
 ○環境の中において芸術を創ろうとする動き
 この要素は,環境芸術における環境と芸術との関係を捉えやすく,本論においても利用したい。環境白書ではさらに,環境と芸術の関係を以下の2つの方向で示している。
「一つは芸術の環境化であり、従来美術館に展示し、ホールや劇場で上演されていた芸術 を環境の中に解放し、環境の一環として位置付けようとする方向である。その先駆は彫 刻庭園や噴水造形、モビールなどに見られるが、代表的な例としては環境ビデオ(イン テリア・ビデオ)、環境映像、環境演劇、インスタレイション、BGM、サウンド・イン スタレーション、音響彫刻、インテリア・ミュージックなどが挙げられる。人間と環境 の間に安定した関係を生み出すために、その関係や他の条件を配慮して作られた芸術で ある。もう一つの方向は、環境の芸術化であり、もともと芸術とは無縁である種々の環 境を芸術たらしめるものである。オブジェやパフォーマンス、またアースワーク(ラン ド・アート)などがこの方向に属するとされる」。
 この環境白書が示す,「芸術の環境化」と「環境の芸術化」の2つの視点で,環境芸術を分析してみたい。また,白書では,代表的な例として「環境の芸術化」にアース・ワークを分類しているが,「芸術の環境化」とも何らかの関係があると思われる。その点も明らかにしたい。
 そこで,1960年代以降のランド・アート(アース・ワーク)の作家を中心に,その芸術活動を,この2つの視点で捉えることで,環境芸術の成立要素を整理するとともに,環境芸術の作家を分析する視点を見いだしたい。
by kazukunfamily | 2010-01-17 22:14 | 博士をめざす方へ

娘の車はA170に決定?

娘の車選びに行ってきました。
とにかく安全,丈夫,運転しやすくて,燃費がいい。
ま,都合のいいこと!なのですが,まずは,安全性。
甥っ子が,ヤナセにつとめていて,そこで息子がミニを買ったつきあいで,
いろいろ,国産の車もみましたが,ベンツのA170にほぼ決定のもようです。
丈夫が一番ですね。親としては・・・。
d0146612_2281747.jpg

by kazukunfamily | 2010-01-17 22:08 | 趣味・宝

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る