人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

論文書いてます。で、人工林

論文書いています。
そこで見つけた、山林のデータ。
平成15年の林業白書

我が国の平成13年度末の森林蓄積は、主に人工林蓄積の増加により平成6年度末に比べ2割増加し、40億m3に達している。このうち人工林の蓄積については、地域によって若干のばらつきはあるものの、すべての地域で増加している。例えば、育成段階のスギが多い東北と北陸では、平成6年度から平成13年度までに1.3倍の伸びを示した( 図III-5 )。また、全国の森林面積は、25百万ha程度で推移している。人工林では、成熟化が進み利用期を迎えている森林が増加しているが、間伐等の適切な手入れが必要な45年生以下の森林が人工林面積の8割を占めている( 図III-6 )。

 人工林面積の中で45年生以下の森林が占める割合はどの地域でも高く、木材価格の低迷等により整備の行き届かない森林も多くみられる中で、いずれの地域でも間伐による過密森林の解消等、森林をいかに健全な状態に整備していくのかが課題である。また、間伐材等の木材利用の推進を通じて、林業の採算性を確保し、更なる森林整備につなげていく必要がある。

 こうした中で、健全な森林の整備や木材の着実な利用等を図るため、流域を基本的な単位として、民有林、国有林を通じ川上から川下までの一体的連携による「森林の流域管理システム」が推進され、下流の受益者等を含む様々な関係者が合意形成を図りながら、地域の特性を生かした自主的な活動が進められている。
by kazukunfamily | 2008-11-18 00:25 | 博士をめざす方へ

カナダとの壁画交流、図案その2

カナダとの壁画交流の図案その2を考えました。
d0146612_20435838.jpg

カナダには以下のようにメールを打ちました。(英語あってるかな?)
私たちは、構図の第2案を考えました。We considered the 2nd proposal of composition.
その案を説明します。The proposal is explained.
私たちは、カナダの都市と森を描きます。We draw the city and woods in Canada.
また、私たちは、自分たちの街も描きます。Moreover, we also draw our town.

あなた方は、姫路の都市と森を描きます。You draw the city and woods in Himeji.
また、あなた方は、あなたの街を描きます。Moreover, you draw your town.

子ども達は、自分の街を描くことを希望しています。Children wish to draw their town.
この案はいかがでしょうか?How is this proposal?

さて、カナダからはOKがくるでしょうか?
by kazukunfamily | 2008-11-15 20:45 | 子どもと表現活動

バイク磨きも楽し

ひさしぶりの休日、横浜、高知、明石、と、土日に研究会ばかり行っていました。
今日は、ひさしぶりにバイクの整備です。
腰痛ですが、なぜかこれだけはつらくない?
ホームセンターにいって、いろいろ整備用のものを買い込んで、半日、いじっていました。
あら、楽し、こんな休日、たまにはほしいものです。
d0146612_16112994.jpg

この3台を整備しました。
KH400は、機械という感じ
ninzya9Rはマシンという感じ
イントルーダーは、トルクの固まりという感じです。
by kazukunfamily | 2008-11-15 16:14 | 趣味・宝

イントルーダ1400ご帰還!

え・・・修理と車検に出して数ヶ月。
やっと、還ってきましたイントルーダー1400が、
しかし、どうやってエンジンかけるの?
チョークはどこ?
燃料コックはどこ?
と暗がりの中、腰痛をおしてがんばること30分、
やっとエンジンがかかりました。
そして、色塗りとか、メッキのつや消しとか、腰痛にめげず数時間がんばりました。
あすは、ケーブル関係の整備ですね。
しかし、1400はでかい。重い(腰痛には・・・)
d0146612_22113598.jpg

d0146612_22123832.jpg

by kazukunfamily | 2008-11-14 22:12 | 趣味・宝

カナダに絵の構図を提案

d0146612_1858448.jpg

実は、上のようなカナダの小学校に絵の構図を提案していました。
ところが、カナダの方から、
I think we are to paint what we are learing about Japan and the firefly breeding and you are to paint about Canada.
というメールが先週の週末に来て、
子ども達と、カナダのこと描いてほしいといってるぞ!
というと、カナダには、ビーバーと大きな鹿と、あと何を書けばいいのか?
というように、????の思考になり、とにかく、カナダから資料が届くのを待ってみよう。
とういうことになりましたが・・・
それでも、明日、構図について、第2案をみんなで考えることにしました。
いい案ができるといいのですが・・・・
d0146612_193590.jpg

by kazukunfamily | 2008-11-13 19:03 | 子どもと表現活動

お手伝いした新学習指導要領の解説本(図工)が出ました。

実践例のお手伝いをした、解説本がでました。
d0146612_20364052.jpg

「小学校 新学習指導要領の展開」図画工作編 新野先生、石賀先生編
わたしも、低学年で「毒キノコ」の粘土の実践をのせてもらっています。
子どもと、図鑑を見ていて、毒キノコはきれいなーと、いう子どもの声からスタートしました。
なぜ、毒キノコは色鮮やかなものが多いのか?
また、なぜ、森の動物は毒キノコを食べないのか?
そこを、生活科で調べて、つくった実践です。
ま、毒キノコでなくても、
「あははは、キノコ」とか「「どすこいキノコ」とか、低学年なら夢キノコを土でつくると面白いですね。自然素材と組み合わさせると花壇で、いつのまにやら、土に還っています。
色鮮やかなハッパのある秋が、この実践のいい時期です。ぜひやってください。
d0146612_2044326.jpg

本もかってくださいね。
新しい図工への疑問が解消しますよ。
明治図書から、出ています。
by kazukunfamily | 2008-11-11 20:45 | 本の紹介

2月の教職員全国大会に行ってきます。

無事、兵庫教職員組合研究集会=教育フェスタがおわりました。
2日間、いすに座って今は、腰痛です。
で、いろいろな発表と研究討議の結果、
なんと、私の和文化と美術教育の発表が
2月にどこかの県である研究会で発表することになりました。
しかし、博論の執筆中なのに本当に大丈夫か、
すごーく心配ですが、今は、その会に提出するデータ作りに追われています。
以下、会の様子です。
韓国・朝鮮の踊り、魅力的でした。かつぎ太鼓の使い方がわかりました。
d0146612_1885064.jpg

会に並べられた作品、力作です。
d0146612_1893233.jpg

発表される先生も熱がこもっています。


2月の報告は・・そのときに・・
by kazukunfamily | 2008-11-10 18:23 | 学会の活動紹介

InSEAの記録写真集の紹介

以下のアドレスで、InSEAの記録写真集を作成してあるウェッブが見ることができます。
今年の夏 延べ5000人が参加、
会長が120%の成功と言われた大会の記録です。
次の日本は、私が90歳のころ?
ま、生きている間に参加できてよかった!
http://www.art.hyogo-u.ac.jp/fukumo/InSEAinJapan/photoinsea/PhotoGallery.html
d0146612_22402993.jpg

by kazukunfamily | 2008-11-09 22:40 | 学会の活動紹介

鈴木斉先生の発表は刺激的!高知の報告

日曜日、現代アートの鑑賞に学ぶ、表現へのアプローチという、鈴木斉先生の発表を聞くことができました。
先生は「ファーレ立川」における現代アートの鑑賞活動を、
中学生が現代アートに出会ったら
とう鑑賞をテーマで話されていました。

ある実践例で、ファーレ立川の作品を作家が作っているビデオを鑑賞してから、
町の中にあるアートに出会いに行かれたと言っておられました。

現代アートには、知的パワー(知識・情報)があることで、作品へ近づけたりする場合があります。逆に、情報が、見る者の5感を鈍らせる場合があります。
町と現代アートとの関係、町と生徒との関係を、よく先生が知っておられたので、鈴木斉先生の授業で子ども達は、すばらし作品との関係をみいだせたのだと思います。

また、学校を飾ろうの影絵は刺激的でした。
本当にすごい先生です。
d0146612_20492535.jpg

by kazukunfamily | 2008-11-07 20:57 | 学会の活動紹介

「モナリザは怒っている」を買いましょう

11月28日に「モナリザは怒っている」という、対話型鑑賞の指導参考、DVD及びテキストが出版されます。
d0146612_2372829.jpg

執筆は、上野行一先生と奥村高明先生です。
この本は、対話型鑑賞の実践・理論を、実際の指導映像を元に、解説してあります。
鑑賞法=対話型鑑賞
会話=対話型鑑賞
など、いろいろ誤謬があるものの、
現在、多くの先生が興味と指導に取り入れたい対話型鑑賞指導法を
その真のねらい、適切な指導法を、
映像と解説でわかりやすく示してあるそうです。

必読というより、ぜひ手に入れ、研修に利用したいブックです。

連絡先
株式会社 淡交社
TEL 03-5269-7941
担当 黒澤

代金 3876円です。
by kazukunfamily | 2008-11-06 23:08 | 子どもと鑑賞活動

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る