人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

さようこどもアートスクール

さようこどもアートスクールの作品展覧会のギャラリートークにいってきました。
場所は佐用文化情報センターで今日まででした。
1年間の活動内容がわかりやすく展示してありました。
d0146612_17514044.jpg

その会場でぎゃりートークがありました。小さい子から高校生までのトークはなかなか味わえないものでした。勉強になりましたし、このような年齢の幅の広いトークの内容もおもしろかった。
小さい子が全身で話そうとする様子はいいですし、それを支える高校がよかったです。
d0146612_1754775.jpg
d0146612_17541927.jpg

by kazukunfamily | 2009-01-31 17:53 | 子どもと表現活動

姫路小学校立体彫塑展2月3日から

2月3日から9日まで、姫路イーグレ姫路の地下一階で
姫路小学校立体委彫塑展が開催されます。
昨年は8000人の方がこれらました。
今年は、家島・坊勢小の作品も参加します。楽しみですね。
写真は、今年の本校の作品です。
d0146612_19261434.jpg

by kazukunfamily | 2009-01-30 19:25 | 教授の図工実践

総合芸術表現研究発表会の案内

総合芸術表現研究発表会のご案内です。
2月におもしろい研究会が神戸であります。必見ですよ。

会の案内より

これまでの幼・小中学校の従来の芸術科目の意義や教育効果を新たな視点から見直す目的から、音楽と美術の各領域を総合させた総合芸術プログラムを作成し、研究授業を実施してきました。今回の研究発表会では、本研究授業の取り組みと受講生の成果発表をさせていただきます。
尚、本発表会では、「感覚をつないでひらく芸術教育を考える会」の研究会を兼ねての開催といたします。京都女子短期大学や小学校教育現場での総合表現の研究発表や実践発表とともに、プログラムを進めてまいります。
音楽表現、造形表現や身体表現の領域を横断した総合芸術表現、また五感を統合的に用いた芸術教育の研究や実践に関心のある方は、ぜひご参加ください。

詳細
■日 時: 2009年2月8日(土) 13:20~(受付13:00~)
■場 所: 兵庫県立美術館(アトリエ1)
■参加費: 無料 
■プログラム

Ⅰ. 挨拶
   13:20~13:30   
Ⅱ. オープニング
   13:30~13:50   姫路市立安富北小学校児童による総合表現
   13:50~14:05   実践解説 
橋本忠和(姫路市立安富北小学校・兵庫教育大学連合大学院生)
Ⅲ. 研究発表
   14:05~14:35   「音楽と造形の総合的な表現の可能性
                -『保育内容指導法(表現)』の授業における試み」
山野てるひ 岡林典子 ガハプカ奈美(京都女子短期大学)
   14:35~15:05   「総合的な芸術教育プログラムの開発」
初田隆 木下千代 井上朋子(兵庫教育大学)
   15:05~15:20   休憩
Ⅳ. ワークショップ
   15:20~15:50   
Ⅴ. 兵庫教育大学院生によるパフォーマンス
   15:50~17:10        
Ⅵ. 全体討議  
   17:10~17:30
私のクラスも発表します。
おもしろいですよ。なかなか児童・学生・先生が総合的芸術表現を発表する(パフォーマンス)はないと思います。
神戸の県立美術館です。ぜひおいでください。
by kazukunfamily | 2009-01-29 22:08 | 学会の活動紹介

子供たちのブロックアート

教室にデジカメをおいていると、このような映像が写っていました。
d0146612_2151162.jpg

d0146612_2153385.jpg

d0146612_2155821.jpg

d0146612_2164577.jpg

子供たちは、いつブログに紹介してくれると、リクエストが多いので紹介します。
けっこうすごいと思っています。
雨の日、雪の日は、子供たちはブロックにとびついています。
by kazukunfamily | 2009-01-28 21:08 | 子どもと表現活動

本の紹介と川底:文化経済学入門

休み中に買った本の請求が来ました。
6万近くでしたね。
いやー・・・、でも、今日も1冊買います。「地域文化発信の・・・」
博士に挑んで、たぶんボーナース×?は、本代等に消えていますね。
先日、ベンツを見ながら、これ大学入ってから使った金で買えるなと思ったわけです。

でも、もし博士をめざさなかったら、思考は澱んでいたいと思います。
ちょうど、昨年大水がなくて、汚れ放題の裏の川の石のように。
d0146612_1449553.jpg

昨日も文化持続性について、ユネスコのいい資料を1日かけて見つけました。(苦節7時間)
こんな、贅沢な思考は得られなかったと思います。
書くこともいいですが、思考を組み立てることが、論文の醍醐味です。
これが、ここ10年あまり、査読論文に挑んでいた頃の、あわてていた思考を是正するきっかけになりましたね。
できれば、息子達にもこの思考とその検証を行う過程を味わってほしいものです(でも、すごくしんどいよ!甘くはない!)

で、近頃、「すげー」と読み返ししている本があります。
「文化経済学入門―創造性の探究から都市再生まで (単行本)
デイヴィッド スロスビー (著), David Throsby (原著), 中谷 武雄 (翻訳), 後藤 和子 (翻訳) 」
です、とにかくここまで文化持続性について明確に書いてある本はない。著者はすごい人だと思います。
「内容」(bookデータベースより)
文化」と「経済」。今まで相反するものと思われがちだった両者の関係を捉え直し、これからの企業や非営利組織のあり方、政府や自治体の経済・文化政策のあり方を研究する新しい知の潮流―それが文化経済学である。本書は、価値の理論という基礎的な領域から筆を起こし、経済発展における文化の役割を経済学の手法を用いて分析。そのうえで、経済的価値と文化的価値の両面を併せ持つ「文化資本」という概念を提示し、それが持続可能な発展というパラダイムのなかで、いかなる可能性を持ちうるかを論じていく。「モノの豊かさ」から「心の豊かさ」への転換が求められる今、都市再生や新産業創出の新たなアプローチとして、研究者のみならず企業人や政策担当者らの幅広い注目を集める文化経済学の考え方を、斯界の第一人者が体系的に解説した待望の書。
読んで損はないですよ。
by kazukunfamily | 2009-01-25 10:47 | 本の紹介

ミニ クーパーはいいなー

家族の仲間入りしてほしい、クーパーを見てきました。
d0146612_21504354.jpg

デザインが秀逸です。
特に、内装がいいですね。インパネが・・・

こんな車に乗りたいものです。
本当にかわいい車ですね。
by kazukunfamily | 2009-01-23 21:54 | 趣味・宝

昭和30年代の映画に使える商店街

姫路の駅の近くの商店街です。
あいている店は2軒あまり、でも、元気はいいですよ。
全体が、とってもレトロで、なつかしい。
何か生かせませんかね。
学生やアートの活動の場になりませんか。
いいロケーションと思います。
d0146612_17152279.jpg

近くに新しくできた、商店街が準備されています。
たぶん、ここもそのうち店がはぃってくるのでしょうが、
d0146612_17165559.jpg

古いところもいいとおもいます。
映画にもつかえますよ。
by kazukunfamily | 2009-01-20 17:17 | 地域情報

インフエンザで臨時休業

今日、インフエンザを完治した児童が登校し、1週間ぶりに全員そろったので、
「かさ踊りをしあげるぞ!」
と元気よく、みんなで気合いを入れていたら・・・
内線電話が・・・・「ぷるるるr・・・」
職員室に戻ると、4年では半数が休み、他の学年も欠席者が増加。
ということで、校医の助言もあり、明日は全校臨時休業となりました。

明日は、かさ作りと踊りの原案仕上げの予定でしたので、児童達も「え・・・?」状態。
みんなもっといい踊りをつくりたい、おどりたい。という気持ちが伝わりました。
「とにかく、感染しないように、よく寝て、よく食べて、うがい・手洗いをしっかりと」と言ってかえしました。

児童と学習やものづくりをしているときが、一番楽しいときなので、臨時休業は本当にさびしいですね。

水曜日、全員登校、みんな待っております。元気にきてね!
by kazukunfamily | 2009-01-19 19:12 | 教授の独り言

新しい指導要領の勉強会に参加

土曜日は、昼から姫路で新しい学習指導要領について勉強会に参加してきました。
大阪の先生(大学)の話はわかりやすく、新指導要領を構造的にとられることができました。
また、美術教育現場の本音をみんな、遠慮なく語り合うことができました。
大学の講義・会合等がここ2年、多かったので、現場の意見交流は新鮮でした。
d0146612_18351631.jpg

今日、日曜日は朝から、厄神さんの、たきびの準備です。
大木をチェンソーで半分に割って大変でした。
おかげで腰痛が再発、昼から寝込んでいました。

近頃、土日がまったく休めないので、そのせいが、食べても体重が減ります。
今週はしっかりねたいですね。
by kazukunfamily | 2009-01-18 18:23 | 新しい指導要領

ワイエス氏死去、合掌

昨日はゼミが終わり、指導していただいて、まだまだやなー。と自己反省しきりですが、
体重を量ると、53kgをきっているようで、びっくり、大学院に入って、6kgは減ったようで、
博士課程はダイエットにも効果的?
で、ひさしぶりにふとんでねました。
そして起きると以下のようなニュースが・・・

リアリズム絵画の巨匠と言われる米国の画家アンドリュー・ワイエスさんが16日、東部ペンシルベニア州チャズフォードの自宅で死去した。91歳。AP通信が伝えた。死因は不明。関係者によると、就寝中に家族にみとられた。

彼らしい静かな旅立ちだったようです。

90代になってからも現役だったワイエス。私にとって絵をえがくきっかけになった人です。
教員になって、2万円の画集を神戸で買ったとき、「やっと買えた!」と嬉しかった。
原画を見たとき、線がすてき と感動!
すごい大好きな人がいなくなると、さびしいですね。

 現在も、名古屋市の愛知県美術館で個展が開かれています、近くの人は見に行きましょう。
by kazukunfamily | 2009-01-17 10:22 | 教授のアート

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る