<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

揖保川の鮎は元気がよすぎるようで・・・

朝から,ずっと博論書いています。
家の裏は揖保川で,朝からずっとあゆつりの人ががんばってはります。
大川の方はまだ水が多いので,家の裏にきはったみたいです。
釣り人に聞くと,増水で2週間,人が釣っていないので,鮎がすごく大きく,取り込む前に糸が切れてしまうそうです。鮎はたくさんいるみたいですよ。
あとは,取り込む腕次第ということでしょう。
d0146612_18404193.jpg


あー,あそびたーい。
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-31 18:41 | 地域情報

環境芸術学会第10回大会、シンポジウム概要決定!!

第10回県境芸術学会パネルディスカッションおよびシンポジウムの概要が決定しました。

1)パネルディスカッション
「まちとアートの未来 環境芸術の視点から」

(日時) 10月24日(土)16:00~17:20
(場所) 兵庫県立美術館
(パネリスト )(50音順)
越智裕二郎(兵庫県立美術館館長補佐)
谷口文保(神戸芸術工科大学専任講師)
橋本学(新潟大学准教授)
山田良(札幌市立大学准教授) 
(内容)
神戸ビエンナーレ特別展を企画なさっている越智館長補佐をゲストにお迎えし、
北海道、北陸、近畿の各支部地域のアートプロジェクトの状況を報告し合い、
これからのまちとアートの関係について地域性をテーマに語り合います。

2)分科会&シンポジウム
「環境芸術は社会を変える力となりえるか」

(日時) 10月25日(日)
      13:30~14:30(分科会)
      15:05~16:30(シンポジウム)
(場所) 神戸芸術工科大学
(分科会テーマおよびコーディネーター)(50音順)
「環境芸術の領域」 大森正夫(京都嵯峨芸術大学大学院教授)
「環境芸術と社会」 工藤安代(NPOアート&ソサイエティ研究センター代表理事)
「環境芸術と自然」 高須賀昌志(埼玉大学准教授) 
(シンポジウム)
分科会コーディネーターがパネリストとなって、各分科会の議論を報告。
会場全体で課題を共有した上で、環境芸術の可能性を語り合います。
会場からの意見や質問を積極的に受け付け、会場全体でのシンポジウムと
なることを目指します。
d0146612_21244563.jpg

いよいよ第10回大会の全体像が具体的なものとなってきました。
写真の神戸芸術工科大学で学会があります。
皆さんの参加お待ちしております!!
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-28 21:24 | 学会の活動紹介

姫路城周辺は面白い

ここのところ,毎日,出張等で姫路城見ています。
d0146612_23512950.jpg

すると見つけました。
ベジタブル・カフェ=野菜・喫茶?
d0146612_23514977.jpg

??でした。
古本屋に行く途中で,???と思い通り過ぎましたが,
興味がわきました。
まだまだ,姫路城の周りには,面白いところがあります。
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-27 23:51 | 地域情報

ゲリラ豪雨の恐ろしさ

私の家は兵庫県の氷ノ山の麓の方なのですが,今日の朝の雨はすごかった。
音がすごく,母屋の2階の窓から雨が入り込むし,突風で犬小屋が飛び,その横で,犬がほえているし,
溝はあまりの雨量に,許容量をこえあふれるし・・・・で,ゲリラ豪雨の怖さを思い知りました。
友達は,この雨の中,山の中の水源地の溝掃除をしていたそうで,とても怖かったそうです。

早く,雨量が減り,被害のあった地域の,復旧が本格化することを祈っています。
写真は,水かさのました揖保川です。
d0146612_18233159.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-26 18:22 | 地域情報

第5 回美術教育実践者研究交流会のご案内

第5 回美術教育実践者研究交流会の案内です。
今年も,鳴門教育大の山田ゼミで,楽しく,ためになる美術研究交流会があります。
姫路からは,姫路,美術教育界若手の星,2名が発表します。
8月15/16日ですので,参加希望の方は,山田先生の方へ,参加の旨,申し込んでください。
内容等・・・
■ 日 時 平成21 年8月15 日(土):16 日(日)
■ 会 場 鳴門教育大学芸術棟3F 会議室
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高嶋字中島748 番地
■ 主 催 鳴門教育大学教職大学院学校教育研究科 山田芳明 研究室
■ 定 員 25 名程度
■ 会 費 無料 懇親会に参加される方は実費(5,000 円程度)
■ 参加資格
・ 校種を問わず 教育現場で造形・図画工作・美術の指導に取り組んでおられる方
・ 造形・図画工作・美術教育に関心のある大学生、学部生(実践は不要です)
※ 本研究会は交流会です。参加される各自が交流のための研究・実践の事例
(作品、活動写真、映像、文書等)をご持参いただくことを前提にしております。
優れた実践でなくてもかまいません。日頃の取り組みや、悩んでいること、困っていること
などがわかるような実践事例を是非ご持参下さい。
■ 申込先・申込方法
右の参加申込書に必要事項をご記入の上、郵送、FAX またはE メールでお申し込み下さい。
E-mail:yyamada@naruto-u.ac.jp
FAX: 088-687-6636
郵送先:〒772-8502 鳴門市鳴門町高島字中島748
鳴門教育大学教職大学院 教員養成特別コース 山田芳明研究室
※ 8 月3 日(月)必着
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-25 10:20 | 学会の活動紹介

姫路,白鷺会 作品展やってます。

明日,7月22日から7月26日の午後2時まで
姫路市文化センター,地下1階ギャラリーで
白鷺会(姫路の教員,OB,0G,現役)の会員による絵画,書,彫刻,花等が展示してあります。
d0146612_2050840.jpg

私も出していますので,ぜひ見に来てください。
d0146612_20502688.jpg

*お礼・・・k先生,大地の芸術祭の案内本,東京で買ってきてくれた本,プレゼントしてくれてありがとう。
この本をもって,論文の取材にいってきます。感謝,感謝。
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-21 20:49 | 趣味・宝

関の火祭りでの子ども太鼓

夏休みになりました。
論文書いてますよ!もう,必死です。
状況はお知らせします。今日からは毎日更新しますよ。
まずは,土曜日,18日のことを・・・
この日は,地域の関地区の火祭りがありました。子ども達も太鼓の演奏。
特に関の渓谷を流れ落ちる,清流をイメージした演奏がよかったです。
d0146612_20402047.jpg
d0146612_2040398.jpg

多くの人が,こられていました。
私の愛馬(バイク)でなんとか駆けつけ,太鼓の運び出しを手伝いました。
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-20 20:39 | アートと地域

第2回 姫路市図工自主研修会開催(水彩編)

7月10日に姫路城の真ん前の教育研究所で
第2回姫路市図工自主研修会(水彩編)をしました・。
水彩絵の具の基本の基本から(そう,水の扱い方),松岡先生が丁寧に教えてくださいました。
そして,筆の使い方も・・・
どの先生も熱心に学ばれていました。
d0146612_19224075.jpg

実践編は,武内先生,熱心に楽しい実践を紹介してくださいました。
d0146612_19225550.jpg

次回は10月9日(金)で,木材,発砲スチロール編です。
楽しみですね。
[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-12 19:09 | 現場の図工実践

姫路の姫ホタル情報

土曜日に,雷雨が気になったのですが,姫路市安富町のホタルウォークの講師に行ってきました。
今年で4年目かな?いつのまにやらホタル博士になってしまいました。
論文書いて本当の博士にならないと・・・・・。
雷雨のため,例年よりホタル(源氏ホタル)出現は今ひとつでしたが,姫ホタルたちは元気でした。
とくに,水尾神社の姫ホタルはきれかった。

注意としては,懐中電灯はやめましょう。階段は携帯電話の灯りで大丈夫です。
さあ,今週でおわりの可能性大です。今がさかり,見に行きましょう。
ヒントは,大岩とこの階段。
d0146612_1913359.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-05 19:13 | 地域情報

演劇「僕たちの好きだった革命」を見てきました。

今週は,きつかった,というより6月がきつかった!
その疲れをいやすため,演劇のチケットを用意していました。
中村雅俊主演の「「僕たちの好きだった革命」です。
前から数列目で,会場に入ると,雅俊さんが,ロールのゴミとり機をもって,舞台を掃除しているのを見て,
びっくりでした。「細いなー,若い」というのが妻の評価でした。
内容は,よかったです。筋もいいですが,舞台変化のテンポがよく,
今年見た,演劇,ベスト1です。
あす,丹波で千秋楽だとのこと,いろいろ思いが,と,舞台後のあいさつで絶句されていましたが,
よく父親として,舞台人として乗り越えられたと思います。

もう一度みたいと思った舞台でした。
d0146612_1038224.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2009-07-04 10:38 | 趣味・宝

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る