人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

いちろ,李禹煥美術館へ

地中美術館の受付から,李禹煥美術館へは,徒歩で7分です。
この道を下っていくの楽です。
d0146612_21454925.jpg

すると,こんな光景が見えてきて
d0146612_2146639.jpg

李禹煥美術館に到着
d0146612_21462465.jpg

この階段をおりていくと
d0146612_21464149.jpg

高い塔と
d0146612_21465445.jpg

石と
d0146612_21471551.jpg

鉄板があり
d0146612_21473047.jpg

この一見分からない入り口から
d0146612_21474716.jpg

迷路の様な通路いくと
d0146612_2148337.jpg

こんな作品もあり
d0146612_21481943.jpg

そして,受付となります。
d0146612_21483574.jpg

全体として,すばらしい と思いました。
作品数は限られていますが,その統べてがすごい。
思想の統一感というか,美術館が一つの塊のような感じがして,
個人的には地中より好きです。(妻も同意見)
by kazukunfamily | 2010-09-29 21:48 | アートと地域

直島情報1 まずは地中美術館へ

船の中でアナウンスがありますが,土日,祝日は,地中美術館か南寺のどちらかに絞った方がいいです。初めてなた迷わず地中へいきましょう。
センター(船着き場)をでたら,木村の方にいかず,海沿いを直進します。
d0146612_15472993.jpg

しばらくイクとこんな看板があり,曲がります。
d0146612_15474441.jpg

狭いので注意です。
d0146612_1548098.jpg

村をぬけると海が見えます。
d0146612_15482090.jpg

地中前の坂はかなり急ですが,その長さは反対側の数分の1です。がんばです。
車で5分,自転車で20分です。
そして,整理券をゲットしましょう。この方が説明してくれます。
d0146612_15483696.jpg

ひたすら並びます。
d0146612_1549847.jpg

宇野9時22分発で,ゲットすると,観覧は12時過ぎになります。
2時間ほど空き時間ができます。その過ごし方は,明日。
by kazukunfamily | 2010-09-27 15:49 | アートと地域

明日から直島レポート開始

直島に2年ぶりにいってきました。
すっごい,人で地中美術館は最大4時間待ち。
でもね,その待ち時間を楽しくすごす方法もみつけましたよ。
d0146612_2105811.jpg

黒いカレーを食べたり,
きらきらする壁の通路を歩いたり,
d0146612_211572.jpg


ま,明日から,お得情報をつたえますので,まかせなさい。(のポーズ)
d0146612_213581.jpg

by kazukunfamily | 2010-09-26 21:03 | アートと地域

運動会無事におわりました。

天気は,我が学校に味方した。
なんとか,できてよかった,運動会
d0146612_2053828.jpg


yosakoiのおどりも完璧でした。
また,転校するNくんに,リレーのアンカーでトップの仕事をさせてくれた,我がリレーメンバー,それを応援した我がクラス一同,担任から深く感謝です。
d0146612_20532588.jpg

by kazukunfamily | 2010-09-26 20:53 | 教授の独り言

よさこいソーラン完成!本番楽しみ

運動会の練習も明日で終わり。
この土曜日には,本番です。
9月当初から,練習してきたよさこいソーランも完成です。
あとは,おうちの方にみてもらうだけ。
いい家族の思い出ができるといいですね。
d0146612_1925132.jpg

ところで,愛車の試運転をかねて,海猿を見てきました。
この映画は,3Dで見るべきですね。姫路は2Dでした。
とにかく,この手の映画の王道をいく,ストーリーでした。

個人的には,何度か海に潜った時にみた,水面の光と 映画の水中からみた太陽の光がだぶって,
何か懐かしく思いました。
by kazukunfamily | 2010-09-23 19:03 | 子どもと表現活動

大学美術で武蔵美にいってきました。

こここ、腰がいたい。朝8時にでて、国文寺を経由して大学についたのが、13時40分ぐらい、そこから、発表して、19時の新幹線で家にかえると、日付がかわっていました。
いやー、東京は遠い!ずっと座ってこしがいたいです。

でも、学会は盛況でした。(特に鑑賞関係)
d0146612_14156.jpg

さすが武蔵美はイスもおしゃれ!
d0146612_1412037.jpg

そして、発表に多くの方(サポーター)がきていただいて感謝です。
d0146612_1414642.jpg


学会以外に目に焼き付いたのが、静岡駅の等身大のガンダムと神田あたりで電車にのってきた、全身ピンクのアニメの衣装の女の子でした。この2つの出現には、びっくりしました。
by kazukunfamily | 2010-09-20 01:42 | 学会の活動紹介

19日に武蔵美で学会発表してきます。

18から20日かけて、平成22 年度 日本教育大学協会全国美術部門協議会 第49 回大学美術教育学会東京大会研究にいってきます。
(口頭)発表Ⅰについては、
(15:00 ~ 18:00)  (2 号館 第4 講義室、第5 講義室、第6 講義室、第8 講義室、第9 講義室)会場C(2 号館 第6 講義室)
内容
クリエィティブ・パートナーシップについての研究 −イギリスと日本の取り組みから、その教育的可能性を探る−
1530からですよ。

クリエィティブ・パートナーシップとは、子ども達の学校での学びをより楽しく創造的なものにすることをめざし、英国の文化・メディア・スポーツ省(Department forCulture、 Media and Sport :DCMS)と教育技能省(Departmentfor Education and Skills : DfES)からの4000 万ポンド(約80億円)の予算により2002 年4 月に設立されたもので。そして、そのプログラムの実施はアーツ・カウンシル(ACE)が主導しています。
その活動目的は、以下に示す3点であり、これらは国の文化政策に則って策定されていますよ。
①英国が有する創造的・文化的な財産と学校を結び付けること。
②協働の可能性を追求すること。
③教育と芸術との協働により『教えること』、『学ぶこと』のあり方に変革をもたらし、将来にお  いて創造産業に従事する労働人口を育成すること。

ですが・・
イギリス・日本の取り組みを発表します。
橋本って何者?といわれるかた、
アクセス:JR中央線「国分寺」駅下車 北口から武蔵野美術大学行き、小平営業所行きバス利用
     西武国分寺線「鷹の台」駅下車 徒歩20 分
武蔵野美術大学においでください。なお私は、日帰りです。きつーい日程です。
運動会づかれで、新幹線は爆睡します。
by kazukunfamily | 2010-09-18 08:47 | 学会の活動紹介

図工・美術の教科書使ってる?

図工・美術の教科書使ってますか?

それに関するデータです。
2003年の日本美術科教育学会の「鑑賞学習指導についての調査」によると「教科書を使用していない教員」は中学校で25%,小学校で14%だった。時々使う教員は50%にであり,多くの教師を教科書を生かしていない。
これは,多くの教員が,教科書掲載の作品を教材として活用していないことになる。
そこで,2007年に21人の姫路市図画工作担当教員に,「教科書掲載の美術作品を活用しにくい理由」を聞いたところ,「子どもとの技量の差」,「掲載作品の大きさ」と共に「作家についての情報が少なく,作品の制作意図や技法が理解できない」という回答が多かった。            このアンケートからは,現代芸術を教材にする授業づくりの手法が明確ではないこと,加えて,情報不足のため芸術作品の何に焦点を当てて,教材として活用すればよいのかよく分からず,戸惑っている教師の姿が読み取れる。
by kazukunfamily | 2010-09-15 00:10 | 教授の図工実践

のりたい いったんもめん

水木しげる展で、いったんもめんに乗って撮影できるポイントがありました。
妻が、乗ってみる、とってあげると いってくれましたが。
とてもとても、かわいい親子連れが並ぶ中、おっさんには勇気がなかったです。
孫でもいれなばなあ・・と思いました。

d0146612_20384455.jpg

by kazukunfamily | 2010-09-13 20:38 | アートと地域

神戸の美術館で鬼太郎に会ってきました。

神戸で鬼太郎に会ってきました。
水木しげる展ですが、入るのに40分かかる、もう大人気の展覧会です。
ま・・、筆が細かい。

そして、名古屋の答えを運河を見ながら考えました。
d0146612_2351676.jpg

昔、アート探検隊という実践をしたことがありますが、けっこう近くにアートがあっても気づかないひとが多い。30%ぐらいいます。
そうすると、街中のアートは、普段目に見えない妖怪みたいになって、その価値に市民は顧みようとしていない。
だとしたら、街中にアートを存在させる仕方や意義を考えさせ、今まで見向きもしなかった30%の人々に彫刻等を、もう一度再評価させてくれる、街中芸術祭はすごく価値があるのでは、と考えました。
by kazukunfamily | 2010-09-12 23:06 | アートと地域

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る