人気ブログランキング |

<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

身近な環境から学ぶ表現活動

1 環境教育の課題
 21世紀を心豊かな世紀とするために我が国では、国際化・個性化(福祉)・情報化などともに「環境にやさしい取り組み=エコロジー」が注目されている。
この「think grobally act locally=地球規模で考え、足下から行動する」という「地球市民」の立場を意識した活動は、そのベーシックな活動の一環として環境教育を重要視しており、第15期教育課程審議会答申においても「環境や自然を大切にする心を育み、環境保全やよりよい環境を創造するために主体的に行動する実践的な態度や資質や能力の育成」をあげている。
 ところが、1970年代から活発に公害学習などを行ってきた環境教育自体が「授業が日々の実践に結びつかない」という大きな壁に突き当たっている。それは、環境問題解決に重点を置くあまりに授業自体が、徳目的な教育になっていたことや、子供が未消化になるほどの多くの知識伝達に終始していたことで、子供が環境との体験的ふれあいの中で培ってきた情意面や能動的な力を生かし切れていなかったためと考えられる。また、必要なものは全てコンビニにあるという「あってあたりまえ」の生活の中で自然や文化・人間という身近な環境とのふれあいの機会が減少したため、子供達が周りと「関わること」への自信と力をなくしかけていることも、壁を大きくする原因になっていると思われる。

2 図画工作科と環境教育
平成19年の新しい環境教育指導資料の「小学校、発達に応じた環境教育ねらい」における低学年のところで,表現活動に関わる次の記述がある。
「遊びや生活に使う簡単な物を道具を用いて製作し,その楽しさを体験するようにする とともに,物や道具への接し方や扱い方,その有用性に気付くようにすることが大切 である。」
 これは,図画工作の指導要領の1・2年の内容の A 表現
(1) 材料をもとにして,楽しい造形活動をするようにする。
 ア 身近な自然物や人工の材料の形や色などに関心をもち,体全体の感覚を働かせて,   思い付いたことを楽しく表すこと。
 イ 土,木,紙など扱いやすい材料を使い,それらを並べる,つなぐ,積むなど体全   体を働かせて造形遊びをすること。
 とほぼ一致する。また,1.2年のB鑑賞にも「身近な材料に触れ,その感じについて話したり,友人の作品の表したかった気持ちを聞いたりするなどして楽しく見ること。」という内容があり,よって,図画工作における表現活動は,小学校における環境教育のねらいである①環境に対する豊かな感受性の育成②環境に関する見方や考え方の育成③環境に働きかける実践力の育成の基礎となる重要な位置づけがなされているといえる。
3 教材開発の視点
(1)気づきを生む表現活動
子どもの表現活動を通して。どのような環境教育を展開すればよいかといえば,小学校においては,環境問題に直接かかわる内容ではなく,その基礎なる「環境に対する豊かな感受性の育成」や「環境に関する見方や考え方の育成」に関わる表現活動の実践に重点を置くべきと考える。
 例えば,校庭にある石,木ぎれを使い,「すてきなランチセット」として,お箸やフォーク・お皿を作り,葉っぱや土で料理をつくるとする。すると子ども達は,校庭の植物や葉っぱの下にいる生き物の存在に気づくと思われる。このような身近な環境にある「いきもの」との関わりを紡げるような「気づき」生み出す教材を開発することが大切と考える。

(2)異化作用を楽しむ表現活動
環境教育は身近な場(校庭・畑・公園)との関わりの中で活動や学びを展開することが多い。そのような場に関わる表現活動しては,例えば,低木を新聞紙で覆ってしまったりして,平素は見慣れてしまって意識することもなくなっていた風景が,一時的に見慣れぬ光景となって人々の前に立ち現れさせる活動が考えれる。いわゆる「異化作用」である。これによって,あらためて人々は「見えていない」物を意識し始めることになる。すなわち,見慣れた風景が別のものに変わったり,消えたりすることで,普段気にもにもしなかった,異化されたものの多少の価値が再認識できるのである。子どもたちは変身が大好きである。よって,身近な場を新聞紙を使ったりや教室で作った作品を並べたり,つるしたり変身させる活動を取り入れてはどうだろう。
d0146612_2039849.jpg

4 指導のポイント
 表現活動と環境とがよりよい関係で結ばれるように、以下の様な視点で表現活動の学び場の設定を行う。
・子どもの表現活動が環境とのつながりを実感できるような場所・材料・用具の設定
・子どもの環境への関わりを高める教師の支援
 場にある素材の事前チェック 場の魅力が増すポイント(木の枝,階段)のチェック
・場の安全性の確保 (危険箇所への配慮 サポート教員)
・時間的にゆとりを持って活動を展開できるように活動を構成する。
・後かたづけの視点として、次のことに留意する。
自然のものはできるだけ自然消却する。
 再利用できるものは分別して保管する。
 再利用きないものは、自治体のごとの処理方法別(焼却、
 埋め立て、リサイクル等)に分別しておき消却する。
by kazukunfamily | 2012-01-31 20:39 | 博士をめざす方へ

子どもにとっての表現・ごろあわせ

図工室等に掲示するための「子どもにとっての表現」のごろあわせを考えてみました。
いかがでしょう。
児童にとっての表現とは
 ひ・・・ひらめき(感じたこと等)
 よ・・・よろこび(感情の表出)
 う・・・うけわたし(イメージの共有)
 げ・・・元気(全身をつかって)
 ん・・・んーっと(いどみ)
「表現とは子ども自身であり、表現によって、子どもは、自らの世界をつくり、広げている。」

 また、教師にとっては、
 ひ・・ひっつく(寄り添うきっかけ=生活理解)
 よ・・よみとり(生活体験や興味・関心、つまずき等の解釈)
 う・・うけわたし(表現法を伝える=子どもの世界を豊かにします)
 げ・・元気にする(自分を表現するよろこびを味合わせる)
 ん・・ん?と振り返り(自分の実践の評価)
「表現で元気にする=自分を表現するよろこび」をしっかり味合わせたい
by kazukunfamily | 2012-01-29 15:03 | 教授の図工実践

厄神さんのくじ引き準備・スキー

昨夜は,厄神さんのくじ引きの準備でした。
1200あまりの6等と,350を越える当たりくじの仕分けを自治会役員総出でやりました。
d0146612_1451147.jpg

2月3日に播磨一宮出雲神社でしますので,近くの方ぜひきてください。
電気毛布・ストーブや当然,そうめん(木箱)もありますよ。

一夜明けて,昨日,千種高原スキー場のテレビがしていたので,でかけてみました。
当然,午前券で10本すべったらアウトです。(周囲とスピードが違うので,人が多くなると帰ります)
途中,近所のおちびさんと一緒にすべって,何か息子が小さい頃をおもいだして,ジーンとしました。
早く,孫ができないものでしょうかね。
d0146612_14545716.jpg

by kazukunfamily | 2012-01-29 14:55 | 地域情報

姫路市図工自主研修会 木工。

1月27日に姫路市の豊富小学校で,今年度最後の自主研修会がありました。
d0146612_9581051.jpg

今回は木工です。
講師陣は,機材,材料の準備をしっかりし,万全の体制で自主研修会をひらいてもらいました。
深く感謝です。
できた作品等を紹介します。
d0146612_9582686.jpg

たつのおとしご
d0146612_9584928.jpg

ぞうさん
d0146612_959361.jpg

せみ
d0146612_9592494.jpg

by kazukunfamily | 2012-01-28 09:59 | 現場の図工実践

芸術の回復 今三喜

芸術の回復,今三喜先生の本を名誉教授の部屋から見つけました。
d0146612_2364481.jpg

時折,読んでは,うーん。と感にいる今日この頃。
で,何?と思われる方。この本は,本当にするどいのです。
出版は,昭和36年,なんと私の生まれた年。
今三喜先生は,当時大阪の中学校に勤務され,関西の芸術教育の牽引車のひとりだったのです。

で,その書き出しにひかれました。まずは当時の芸術界への一言。
「芸術界をふりかえると,分裂し人間としての姿を失いつつある現代人としての作家が,その無力さ故に,無思想,無方向になり,その当然の結果として発達しすぎた芸術意識にがんじがらめに縛られて混乱と焦りの中で身もだえしているといっていい状態でである。しかも,それらの作家によってつくられる作品は一般大衆と断絶の一途をたどり,作家もまた,孤立しつつある。芸術が大衆と無縁になればなるほど,それは無力化し,必然的にその働きは衰弱せさざるをえない。

この芸術界の混乱は美術教育界にも及び現場の教員を困惑させ,混乱させる結果となった。

何か,現代にも通じませんか。
明日は,先生がしてきする戦後美術教育の課題点です。(これもまた鋭い)
by kazukunfamily | 2012-01-25 23:07 | 本の紹介

BUMP OF CHICKENのショートームービーはいい。

BUMP OF CHICKENのショートームービー「GOOD LUCK」はいい。
発売日にCDは買っていたけど,限定のDVD付きは持ってなかったので,
品切れ状態という噂も聞いたけれど,なんとかそのDVDを手に入れ,じっくりショートームービー「GOOD LUCK」を見ました。
何かをつくるクリエイターとしては「ものをつくるのは,つながりなんだなー」と思う,学生による映画作りのないようですが,シナリオも,映像も,当然音楽もよくて,感動でした。
必見だと思います。
d0146612_20572466.jpg

by kazukunfamily | 2012-01-24 20:57 | 趣味・宝

東書教育賞に入選しました。

かさ踊りの実践をどこかに報告しておこう思い,東書教育賞に出していたら,入選したそうです。
読売教育賞につづき,選んでいただいてありがたいです。

その内容を少し。
子どもの市民リテラシーを向上させる総合的な学習の単元開発

1 市民リテラシー育成の必要性
2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震は津波は、多くの人から持続を託された故郷を奪い、地域の景観という記憶とともに、住民同士の絆を断ち切りつつある。
その住民と地域との絆を取り戻には、地域資源を経済に関わるものに限定せず文化も視野に入れ、それらを生かすことで持続可能な社会づくりにつながるもの・ことを多様な手法で継続的に創造することが必要と考える。
ニューヨーク州立大学教授のロジャー・ハートは、「『持続可能な開発』の視点から市民の参画の重要性を指摘し、さらに「コミュニティの調査とその活動を通して、責任を分担し、みんなで力を出し合う気持ちが子どもに育ち、大人になっても引き続き参画することができるようになるだろう」1)と、持続可能な社会づくりに参画する市民を増やすには、子どもの間から将来の市民を育成する取り組みが必要になることを提案している。
 さらに、彼は「多様な立場の人と繋がる体験が、世界中の市民がおのおのの地域レベルで様々な環境問題に立ち向かっていることを理解することになると考えられる」2)と、子どもが周囲の人と連携することを学ぶ重要性も指摘している。
 確かに、将来の持続可能な地域社会づくりを市民として必要リテラシーを形成するため、地域環境に対する直接体験を重視し、地域住民と連携した調査活動は効果的な学習の手だてと考えられる。しかしながら、2008年度に姫路市の山間地区小学校(3年~6年34人)、都市部小学校(6年36名)、臨海部小学校(6年39名)に、地域に対する関心度を聞いたところ、「地域で魅力的にしたい場所の有無」について46%が「別にない」と地域環境に無関心な状態だった3)。この子どもの地域環境への関心が高いとはいえない現状の背景には、子どもが教師が用意した題材・素材の中で教師の意図に従わされる従属的な市民教育になっていたこと、すなわち、主体的な活動が展開できず、活動内容より調査結果やプレゼンのできばえが評価対象となり、活動を通して自らの力を実感しながら身近な環境や社会を魅力的にする体験を、従来の授業では味わわせることができなかったからと思われる。
 この課題を解決し、将来の地域を担う市民リテラシーを子どもを習得することができる学習活動を開発・実践する必要がある。
 そこで、注目したのが平成14年に環境省によって作成された持続可能な地域づくりのためのガイドブックで提案された「持続可能な地域づくり4つのプロセス」である。そのガイドブックでは「地域自ら主体となって取り組むこと」を提案している。そして、活動プロセスでは、「きっかけ」を入り口として、「はじめの一歩」、「つぎの一歩」、「さらに」というように、地域の状況に応じて柔軟に地域づくりを目指す取り組みが展開・継続できるようになっている4)。
 本実践ではこの「持続可能な地域づくり4つのプロセス」を参考にして、地域環境を活用した総合的な学習の時間の単元を開発し、実践することで、子どもたちの市民リテラシー向上をめざした。

1)ロジャー・ハート『子どもの参画―コミュニ ィティづくりと身近な環境ケアへの参画の為の理 論と実際』萌文社、2000、p .2.
2)ロジャー・ハート、前掲、『子どもの参画』、p .7 .
3)2008年8月に姫路市の山間地区小学校=  姫路市立安富北小学校(3年~6年34名)、  都市部小学校=(6年36名)=姫路市立  安室小学校、臨海部小学校(6年39名)  =姫路市立家島小学校で実施。
4)環境省『持続可能な地域づくりのためのガイド  ブック』環境省、2002、p.11.
by kazukunfamily | 2012-01-23 22:09 | 趣味・宝

廊下はアートに満ちている。

勤務校の2年生の前の廊下を通るたびに,その作品が愛らしく,すばらしいので気になって,気になって。
その作品を幾つか紹介します。
d0146612_21575017.jpg

見るたびに少しずつ顔が大きくなっているような・・。
d0146612_21582974.jpg

足の紐を引っ張ると歩くそうです。
d0146612_2159382.jpg

なんか,すごく気に入っています。
d0146612_21592859.jpg

にらめっこしたいですね。

この作品達は,勤務校の校内作品展に1月31日・2月1日に展示します。ぜひ,本物をみてほしいです。
心がなごみますよ。
by kazukunfamily | 2012-01-23 22:00 | 子どもと表現活動

ALWAYS 三丁目の夕日'64は,いい。歌もいい。

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」みてきました。
d0146612_17325214.jpg

昨日,バンプのPVに,吉岡秀隆が出ているのを見て,このGOOD LUCKの劇場版をみたくて,いってしまいました。

当然,バンプの歌と映画のシンクロはすばらしく,エンディングロールは絶対最後までみるべきです。(早くたつと大損です)

内容は,結婚前の娘を持つ身の上としては,堤 真一一家のストーリーおいながら,自分なら・・。といろいろ考えてみました。一方,息子が旅立つ吉岡秀隆一家は,もう息子が家を出ている身の上としてはこれまでを振り返るいい機会となりました。(息子の背中を押す勇気というか・・)

バンプの歌詞にある「いったでしょ,いつもひとりでなかった」という家庭を,子ども達がつくってくれることを祈るばかりですね。
by kazukunfamily | 2012-01-21 17:32 | 趣味・宝

親父塾ともちつき

勤務校区の親父塾が主導おこなっている餅つきに行ってきました。
d0146612_1718582.jpg

なお,親父塾とは,・・・。

「父親が家庭の中での役割をしっかり持つということを学ぶ場」だそうです。すなわち,母親の役割を尊重し、相互感謝の家庭をめざし,さらに、自然を通して子ども・家族に様々な経験を与えるために、先輩おやじから学ぶ場です。それは自然の知識だけでなく,昔のおやじの様に、家族を守る存在としての父親としての在り方も学ぶそうです。

かっこいい親父になる場なんでしょう。

ですから,今日の餅つきもきねを振り上げる親父の姿はかっこうよかったですよ。
by kazukunfamily | 2012-01-21 17:18 | 地域情報

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る