<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

木工トントンの猿が大変身とk1(郷土食)グランプリ開催

木工トントンの猿が,ななんと,さるかに合戦に大変身。いやー。おどろきました。そういうことになっていたとは・・・・・,ええわー。
d0146612_2013759.jpg

このほか,教室にはジオラマのようにドラマのある作品がいっぱいです。保護者の皆様,みにきてください。

そして,明日は,k1(郷土食)グランプリが開催されます。
長生きでしょう。ボリューム満点で賞,カルシュウムでしょう。等の賞をめざして,多様な郷土色の出店が用意され,プレゼンを待っています。(準備している姿をみて,あと16日ですがいいクラスになったとおもいました)
d0146612_2016230.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-29 20:16 | 子どもと表現活動

第6回感覚をつないでひらく芸術教育を考える会 研究発表会」のご案内

「第6回感覚をつないでひらく芸術教育を考える会 研究発表会」が下記の内容であります。
私もいきますので,みなさんもいきましょう。表現の世界がひろがります。

開催日:2012年3月11日(日)
開演:13:00(開場12:30)
場所:兵庫教育大学 芸術棟1階100番教室八角堂
13:00~13:10 挨拶・基調提案
13:10~14:40
◆ワークショップ Ⅰ
◆研究発表
「センス ~ 工業高校における生徒のセンスをめぐって ~」
逸見正(神戸市立科学技術高等学校)
「小学校図画工作科と音楽科における総合芸術教育プログラムの開発に関する研究」
井上朋子(兵庫教育大学連合大学院)
14:50~15:50
◆ワークショップ Ⅱ
「音を見る」 高田努氏(ピアノ調律師)
16:00~16:40
◆学生によるパフォーマンス発表
(兵庫教育大学大学院生)
16:40~17:00 全体会

当日参加も可能です。
尚、交通の便が不便なところにあるため、当日は中国ハイウェイ「社」停留所と兵庫教育大学間の送迎車を運行する予定にしています。
ご利用の方は、ご連絡ください。
また、終了後に近くで、簡単なお食事会を考えております。
バス停まで送迎いたします。
ご参加して下さる方はご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
*****************************
感覚をつないでひらく芸術教育を考える会  
兵庫教育大学 文化表現系教育コース芸術系教育分野(美術)
〒673-1494 兵庫県加東市下久米942-1
TEL&FAX 0795-44-2252 (初田研究室)
E-mail  kankaku@tsunaidehiraku-arts.com
HP  http://kankaku.jimdo.com/
事務局 井上 朋子
[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-28 23:04 | 学会の活動紹介

姫路市小学校立体彫塑展,8000人をこえる来場に感謝。

姫路市小学校立体彫塑展,8000人をこえる来場に感謝です。特に日曜日は3000人を越えたとのこと。
来年もあります。お楽しみに。
この作品は,私がみつけた一番のお気に入りです。
いいでしょう。
d0146612_2241310.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-27 22:41 | 現場の図工実践

教科書の活用についてのアンケートを集計してました。

今日は,久しぶりに家にいました。(今年になってはじめてかな?)
で,まずは,ホームセンターでかなりなやんで,「まくら」をかったことと,凍結で破裂した高圧洗浄機のアタプターを注文しました。
昼からは,先日の担当者会でおこなった[鑑賞活動と教科書の活用の関係]についてのアンケートを集計しました。かなりの量があったので,首がいたくなりました。

で,,教科書に掲載されている作家の絵・作品を鑑賞教育に活用していますか?の質問については
全体51人
とても0人
まあまあ10人
どちらとも9人
あまり21人
いいえ6人

ななんと使っているのは10人です。この実態,教科書に課題があるのか,教師に課題があるのか?
というところでしょうね。
結論は,後日研究会があるので,そこで議論してきます。
d0146612_19502124.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-26 19:52 | 現場の図工実践

姫路小学校立体彫塑展,一日2000人にせまる大賑わい。

姫路小学校立体彫塑展,一日2000人にせまる大賑わいです。姫路城の近くのイーグレ姫路にある会場は,駅伝大会やサーカスが開催されているため,今年の賑わいはすごいです。
あと2日です。9時30分から17:00までです。急いで!
d0146612_18143684.jpg


ところで,FMラジオの出演は緊張しました。
[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-25 18:14 | 現場の図工実践

土曜日13時15分からFM元気,姫路に出演します。

土曜日13時15分からFM元気,姫路に姫路市小学校立体彫塑展の宣伝のため出演します。
みんな」,聞いてね。そして,立体展きて下さいね。
d0146612_23131494.jpg


ところで,今年はチケットの当選が続いています。
バンプが2公演
ミスチルが1公演
ゲットしました。とても楽しみです。
[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-24 23:14 | アートと地域

ちいさなサイエンティストのめばえ”を語ろうへのお誘い

おもしろい会合が3月4日に兵庫人と自然のはくぶつかんであります。
参加されてはいかがでしょう。

ひとはくは、小さな子どもたちが「サイエンティストのめばえ」として、もっと博物館を利用
してほしいと考えています。また小さな子どもたちと接する幼稚園の先生や保育士、児童館のス
タッフ、保護者の方々に、科学コミュニケーター(自然や環境、科学のことを伝える担い手)に
なってほしいとの思いがあります。ひとはくと一緒に“ちいさなサイエンティストのめばえ”に
ついて語りませんか?

■ 開催日:2012 年3 月4 日(日) *受付は10:00 から
■ 時 間:10:30~15:00(第1 部のフォーラムと第2 部のワークショップ)
■ 場 所:兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく) 4階 大セミナー室など
■ 内 容:
第1 部 10:30~12:00
□あいさつ及び趣旨説明
古谷 裕(ひとはく 主任研究員、キッズひとはく推進室 室長)
□フォーラム「“ちいさなサイエンティストのめばえ”を語ろう」
・「ひとはくを利用して」田中 佳代 氏(Kids くらぶ 保護者)
・「ひとはくと幼稚園」中島 啓子 氏(学園幼稚園 園長)
・「美術館たんけん」齋 正弘 氏(宮城県美術館 教育普及部 部長)
・「ひとはくのKids 展開」布施 静香
(ひとはく 主任研究員、キッズひとはく推進室 副室長)
・意見交換
ナビゲーター:小林 美樹(ひとはく キッズひとはく推進室 室員)
□参加費:無料(ただし、事前にお申し込みをお願いします)
□対 象:幼児・児童の教育関係者、大学生、保育者
□お申し込み:受付期間2 月11 日(土)~2 月29 日(水)
所属、名前、連絡先、参加できるプログラムを明記のうえ、
下記受付先までご連絡下さい。
受付先;メールkidsclub@hitohaku.jp あるいは FAX079-559-2007
□お問い合わせ先 兵庫県立人と自然の博物館 079-559-2001(代表)
キッズひとはく推進室(担当:小舘・清水)
第2 部 13:00~15:00
□ワークショップ「ひとはく たんけん」
・対 象:「Kids くらぶ」の会員および第1 部の参加者
・プログラム:齋氏による「たんけん」の実践編 50 分 休憩10 分
意見交換60 分(進行:古谷 室長)
[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-23 23:12 | 地域情報

福本教授の評価を考える,講演

図工担当者会で兵庫教育大学の福本教授をまねいて,図画工作科の評価について講演をしていただきました。
先生は,評価について
・学習目標の実現状況把握
・資質能力の達成状況を看取る
・授業の過程で評価するツールを工夫する
ことで,児童が「またやりたいな(表現意欲)という学習のリピーターをつくることにつながること。
と述べられていました。
d0146612_22572326.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-22 22:57 | 現場の図工実践

博士論文「市民教育における環境芸術の教材化についての研究」を製本しました。

「市民教育における環境芸術の教材化についての研究」を製本しました。
この本が欲しい方は,

私のメール
kazukunfamilys-h@sannet.ne.jp
へ,名前,郵便番号,住所,電話番号を伝えていただければ,
送料込み2500円で送らさせていただきます。

環境芸術の定義,市民教育と環境芸術との関係,市民教育とESD教育のとの関係,
市民教育と美術教育の関係,教材化の手順,そして,実践例等,わかりやすく整理し,執筆しています。
市民教育も環境芸術もなかなか資料探しが大変と思います。(私も苦労しました)
参考文献の所も非常に役立つと思います。ぜひ,研究や実践づくりに活用して下さい。
d0146612_20304131.jpg

内容を簡単に載せておきます。
・研究題目「市民教育における環境芸術の教材化についての研究」
・研究目的
本研究は,持続可能な社会づくりに参画できる子どもの資質や能力の育成をめざす市民教育において,環境芸術を教材化する意義と方法について研究するものである。
そのため下記の研究項目を設定した
●現代社会における市民教育の意義。
●環境芸術の歴史的変遷の整理と定義の設定。
●市民教育の視点で美術教育を行う意義。
●美術教育の視点で捉えた環境芸術を教材化する意義。
●市民教育の視点から捉えた環境芸術を教材化する意義。
●市民教育として環境芸術を教材化した学習内容の構想。
●環境芸術を教材化する手順の構築。
●実践事例から,市民教育において環境芸術を教材化する意義と課題,留意点の整理。。
以上の市民教育における環境芸術の教材化についての研究によって,美術教育の社会的役割を明らかにし,地域社会や学校教育におけるその重要性を示す。
・研究の方法
上記の研究目的に基づき,研究の方法として,以下の4段階で構成した研究をすすめた。
第1段階の1章は,市民教育の現代的意義を,地域社会の持続可能性との関連から明らかにする研 第2段階は,2章で,環境芸術の現代的意義を明らかにするため,アメリカと日本における歴史的変遷を整理し,環境芸術の定義を定めた。環境芸術と市民性の向上の関連性について考察する。
段3段階は,3章と4章で,学校教育において環境芸術を教材化する意義を環境教育,美術教育,市民教育の視点から明らかにする。
第4段階は,環境芸術の教材化の手順を研究する。環境教育の構成要素「in,about,for」を参考に教材化の手順を示した。そして,その手順に従って環境芸術を教材化した授業実践を開発し,その成果を検証する。
d0146612_20311893.jpg

・研究の内容
(1)市民教育を現代社会において実施する意義を,地域社会で課題となっている持続可能性の向上とイギリスのナショナルカリキュラムにおける市民教育の内容との関連を調べることで,考察した。
(2)市民性を高める教材として,地域活性化をめざすアート・プロジェクトで制作されている環境芸術に着目した。そして,その歴史的変遷や環境白書の記述を参考に,本論における環境芸術の定義を定めた。さらに,環境芸術と地域社会における市民性との関連性について,現地調査をした,徳島県のアート・プロジェクトの成果から考察した。
(3)市民教育において環境芸術を教材化する意義を明らかにした。まず,美術教育における子どもの造形活動を環境教育や市民教育として行う意義を,指導書の記述や,教科書に記載されている実践例から考察した。その上で,環境芸術を美術教育や市民教育で行う意義を,美術教育については環境芸術の教科書における掲載状況等から論述し,市民教育については,長野県の中学校の地域を巻き込み芸術家と子どもが環境芸術を制作するアートプロジェクトの取材結果から,その意義を明らかにした。
(4)市民教育における環境芸術の教材化を実現するために,環境教育の構成要素「in,about,for」を参考に,美術教育論や市民教育の学習領域との関連を考慮しながら,学習内容の構成や展開を構想した。そして,それを基に教材化の手順を明らかにするとともに,手順にしたがって実践事例を開発した。
さらに,環境芸術を教材とした実践例を対象に,市民としての資質や能力,そして,創造性等が,育まれているか検証することで,市民教育における環境芸術を教材化する意義と課題を明らかにした。
d0146612_20305963.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-21 20:31 | 博士をめざす方へ

2月22日から姫路市小学校立体彫塑展はじまる。

2月22日から姫路市小学校立体彫塑展がイーグレ姫路地下1階ギャラリーではじまります。
毎年,8000人ぐらいの人が訪れます。今年はサーカスもあるので,もっと多くの来場をきたいしています。
年々,展示内容が充実して。今年は,子どもの熱意がはじける造形作品が多いようです。
展示されている児童,そして,小学校はどんな表現活動をしているのか知りたい,保護者・幼児・学生さんもぜひおいでください。
d0146612_20184954.jpg
d0146612_2019278.jpg

勤務校の展示
d0146612_20192070.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2012-02-21 20:19 | 現場の図工実践

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る