人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

歴史的地域プライドを育成する表現活動についての一考察 その2

昨日のつづきです。
2:獅子舞づくり実践地域における歴史的地域プライドの現状
 本研究の実践校がある宍粟市一宮町三方谷地区(下三方、三方、繁盛地区)は鉱山で栄えていた。また、豊富な山林資源によって経済的に潤っていた。そのため人が多く集まり、獅子舞や舞踊が盛んに行われていた。しかしながら、鉱山が閉鎖、木材価格の下落により地域経済が弱体化し、転出者が増加したため、人口は減少の一途となった4)。
 このような経済的な理由等を背景にした人口減少による各地区の獅子舞の現状について、平成19年4月に御形神社宮司に聞き取り調査をおこなった(図2)。
(繁盛地区)
 ・倉床・・・・20年ほど前より獅子舞中断。
 ・横山地区・・ちゃんちゃこ踊り(子ども舞踊)を実施。
 ・千町地区・・獅子舞継続中。(囃子・太鼓の演奏は中断)
(三方地区)
 ・西公文・・・獅子舞保存会あり、子ども獅子も開始。
 ・東公文・・・3年ほど前より獅子舞復活。
 ・河原田・・・獅子舞継続中。
 ・福野・・・・20年前より獅子舞、中断。
(下三方地区)
 ・福知・福中・だんじり屋台を導入し、祭りの活性化を図る。獅子舞は中断。
 ・生栖・西深・深谷・・獅子舞継続中。
 各地域には横山神社等、地域の神社があり毎年、踊りを奉納しているが、その中心が御形神社である。この葦原志許男神を祭る神社は昭和42年に国の重要文化財に指定され、室町後期の様式や技法を伝える木組や彫刻があり鮮やかな彩色が施されている(図3)。
5月3日の御形神社春祭りにおいては、神輿3基と子ども神輿3基が総勢160名の渡御行列を組み、神社より踊野までを往復するお渡りが盛大に行われる。獅子舞は地域持ち回りで奉納されてきた(図4)。したがって、三方谷地区における歴史的地域プライドは、図5に示すように御形神社において室町時代から続く獅子舞がその一つである。
しかし、近年、過疎化で踊り手、囃し手がいなくなり獅子舞が途絶える地区が多くなり、保存会の活動が充実している西公文地区が獅子舞の奉納の中心になっている。
 平成12年当時の勤務校宍粟市立三方小学校6学年の子ども達は、自分たちがよく遊ぶ各地域の集会所に使われない獅子頭等が押し入れの箱の中で埃をかぶって置いてあるのをたびたび目にしていた。すると、子ども達から「何とかその獅子を使った獅子舞を、学習発表会で披露できないか」という提案がでてきた。
d0146612_1855254.jpg

図2
d0146612_1856024.jpg

図3
d0146612_1856758.jpg

図4
d0146612_18564661.jpg

図5
4)宍粟市広報 http://www.city.shiso.lg.jp/ 2011年9月取得.
 「宍粟市の人口は,平成12年時点で45,460人(国勢調査)で,昭和55年からの人口の  推移をみると,特に平成7年から平成12年には4.67%の減少と減少傾向が一層進ん  でいる」
by kazukunfamily | 2012-08-28 18:57 | 博士をめざす方へ

歴史的地域プライドを育成する表現活動についての一考察

伝統文化に関する論文を連載します。

歴史的地域プライドを育成する表現活動についての一考察 その1
ー子ども獅子舞づくりを事例としてー
Research of the artistic activities which raise historical local pride.
-The Theme"Work of "child sisimai as a Case Study.-

1:歴史的地域プライドに着目する理由
 平成17年に文部科学省は国土施策創発調査 「地域プライド創発による地域づくりのあり方に関する調査-地域固有の歴史的精神文化を軸とした地域プライドの創発」をおこなった。その調査報告において、歴史的地位プライドは以下のように定義してある。
 「地域の歴史的事象の中で、地域の人々によって受け継ぎ、守り育てられてきた『地域固有の精神文化』こそ『地域プライド』である。その様々な地域プライドのうち、長い年月を経て、守り受け継がれてきている「『地域固有の精神文化』」に着目し、これを「『歴史的地域プライド』」と定義する」1)。
この歴史的地域プライドが着目される背景には、これまでのインフラ整備や産業振興等といった、いわば成果が見える地域づくりが中心に進められてきた時代において、これら地域が本来持っていたはずのプライドが消滅しつつある危機感がある。また、一方で地域のプライドを守り育てている地域が存在し、そこでの取り組みは、地域づくりの大きなエネルギーとなり個性ある人づくり地域づくりに貢献している。
 一方、美術教育として着目する理由には、平成19年11月に出された、中央教育審議会「審議のまとめ」の教育内容に関する主な改善事項における「伝統や文化に関する教育の充実」があげられる。その中でグローバル化する社会の中で我が国の伝統や文化についての理解を深め尊重する態度を、社会科等での郷土の先人の働きや伝統的な行事・文化遺産について調べる学習の中で育むことを求める共に2)、以下のような記述で芸術活動の重要性を指摘している。 
 「特に、伝統的な文化にかかわっては、音楽科や図画工科、美術科では、唱歌や民謡、  郷土に伝わる歌、和楽器、我が国の美術文化などについての指導を充実し、これらの  継承と創造への関心を高めることが重要である」3)。
 美術教育にとって「我が国の美術文化などについての指導を充実」や「継承と創造への関心を高めること」が求められいる。したがって、歴史的地域プライドを育成するために、地域に伝承されている伝統芸能等をものづくりや踊り等の表現活動で行うことは、美術教育にとって地域文化を継承・創造する役割を果たすことになり、その存在意義を示すことにもなると思われる。
 そこで、平成12年に兵庫県宍粟市立三方小学校でおこない、その後の地域への影響を追跡調査してきた「子ども獅子舞づくり」の実践例を分析することで、歴史的地域プライドと子どもの表現活動との関わり、さらに歴史的地域プライドを表現活動で育むにはどのような条件が必要なのか明らかにしたい。この実践例に注目してきた理由は、この表現活動が契機となり、地域ので大人の獅子舞が復活したり、子ども獅子舞が、はじめて祭りで演じられるようになったことや大人になった児童が、現在、地域の獅子舞保存会のメンバーになり地域の神社に獅子舞を奉納したり、子どもへの獅子舞指導をおこなっているからである(図1)。この事例は、歴史的地域プライドを育んだ美術教育の取り組みが、新たな地域文化を創造した成功例といえる。
d0146612_13282944.jpg

1)文部科学省委託事業財団法人国土計画協会「平成17年度国土施策創発調査 ,地域プ  ライド創発による地域づくりのあり方に関する調査-地域固有の歴史的精神文化を軸  とした地域プライドの創発」,文部科学省,2007年,p.1.
  http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/chiiki/chousa/06120613/002.htm2011年9月取得.
2)中央教育審議会教育課程部会,「教育課程部会におけるこれまでの審議のまとめ」,  文部科学省,2007年,p.58.
3)同上.
by kazukunfamily | 2012-08-27 13:29 | 博士をめざす方へ

夏の思い出8月編

これは新潟の木の絵本美術館の廃校に住む、子どもの思い出をはき出す妖怪?ですが、
きっと子ども達もたくさんの思い出をこのなつ経験したでしょう。
d0146612_13184071.jpg

先生も、審査会や先生対象の研修会でいろいろ指導してきました。
d0146612_13193739.jpg

学会発表もしました(名古屋)
d0146612_13207100.jpg

人権資料の表紙や挿絵もがんばりました。
d0146612_13204256.jpg

あとは3本論文をしあげました。(これハードでした、超寝不足)
そして、2学期の教育課程等の準備をしてきみたちをまっています。
by kazukunfamily | 2012-08-27 13:21 | 教授の独り言

新潟のアートを取材してきました。

姫路市造形研究会
林間学舎
論文
ほほえみの表紙、挿絵づくりでなかなかパソコンにむかえず、更新がとまっていました。
お盆から新潟のアートを見てきました。
まずは、土と水の芸術祭の王さんの作品。小豆島にもありましたが、水辺のそばもなかなかです。
d0146612_14584779.jpg

お気に入りは、油にうっつた空の作品です。なかなかいいです。
d0146612_150534.jpg

この会場から130km離れた十日町で大地の芸術祭があります。
博論作成の時期から取材してきたので、なつかしさもひとしおです。まずはタレル、空がいい。
d0146612_1514771.jpg

d0146612_1514985.jpg

神戸で大賞をとった作品です。虹がうかんいるみたい。
d0146612_1522154.jpg

で、強烈なキラーナレにある作品。すごい。
d0146612_154324.jpg

木の絵本になっている学校もいいですね。
d0146612_1535374.jpg

雪だるまが冷蔵庫にいました。
d0146612_1553742.jpg

この金沢の先生のアートはセンスとスキルがすごい。瀬戸内もたのしみ。
d0146612_1564775.jpg

川俣さんの中原氏のアーカイブはすごいです。すごい原稿もみつけました。
d0146612_15825.jpg

d0146612_1581627.jpg

いろいろ見ましたが以下の2つがおきにいり、さてどこにあるか行かれる方は捜して下さい
d0146612_1592832.jpg

d0146612_15103830.jpg

最後の晩餐ですよ。あっ、ヒビノのさんも見かけました。元気そうです。
d0146612_15113940.jpg

by kazukunfamily | 2012-08-19 15:11 | アートと地域

奈良公園、燈花絵は14日まで

5日から14日まで奈良公園周辺で燈花絵が開催されています。
d0146612_19384387.jpg

これ必見です。幻想的です。
d0146612_1937403.jpg

d0146612_1938486.jpg

光の海ですね
d0146612_19382584.jpg

宿は奈良ホテルにいました。でっかいホテルです。何か格式がすごい。
愛車と記念写真
d0146612_19393660.jpg

田舎ものにはいい思い出になりました。
by kazukunfamily | 2012-08-06 19:40 | 地域情報

姫路と新撰組

やっと論文1本目ができました(暑い中こもっていました)。
数日寝かして,とは校正です。
このあと,車で憂さ晴らしの夜間ドライブにでますが。
その前に姫路ある新撰組の痕跡紹介
姫路の飾磨にはある亀山本徳寺の本堂は,もともと西山本願寺にあったもので
幕末新撰組の屯所になっていたところです。
d0146612_21254334.jpg

で中は豪華です
d0146612_21264594.jpg

みつけました,刀傷
d0146612_21271111.jpg

姫路の歴史は奥深いです。
by kazukunfamily | 2012-08-02 21:27 | アートと地域

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る