<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

函館の牧場見学

乳製品の食文化を研究するため
函館の牧場へ見学にいきました
d0146612_17524735.jpg

d0146612_1753332.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 17:53 | 橋本ゼミの活動報告

体育指導員中級の更新

体育指導員中級の更新(剣道)をしてきました。
久しぶりの試合稽古,形,審判,しっかり学びました
d0146612_1720520.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 17:20 | 趣味・宝

大学美術で発表してきました。

札幌で開かれた大学美術教育学会で(9月24-25)
学会発表してきました。聞いていただいて先生方ありがとうございました。
d0146612_1718448.jpg

d0146612_17181436.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 17:18 | 学会の活動紹介

夕陽会の展覧会に出品しました

芸術ホールで開かれた
夕陽会(大学のOBG会)の展覧会に作品をだしました。
(鉛筆の絵です)
d0146612_1795959.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 17:10 | 教授のアート

野菜の花束づくり 

ベジフラワーづくりを学びました
野菜へのまなざしがひろがりました。
d0146612_1702924.jpg

d0146612_1703747.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 17:00 | 橋本ゼミの活動報告

美術科教育学会の論文書いています

美術科教育学会論文かいてます。

教員養成大学におけるノットワーキング型美術教育に関する一考察
-地域連携授業「日本茶大好き(ほうじ茶淹れ方体験と湯のみ茶碗づくり)」を事例に-
次期学習指導要領で「社会に開かれた教育課程」が注目されている。その実現ため教員養成大学の美術教育においても専門性を持つ人材等と連携・分担し課題解決ができるようになる学びを創造できる教師の育成が求められている。そこで本研究ではユーリア・エンゲストロームの「ノットワーキング」という活動理論に着目し,北海道教育大学函館校学生と公立小学校5年生の児童・保護者による連携授業「日本茶大好き」を事例に,その理論と美術教育との接点の分析と考察を行った。するとノットワーキング型美術教育は学生に教員としての力量と課題を自覚させるともに,教職へのモチベーションを高めていた。また,その活動は児童・保護者にも地域文化への価値等を再発見・再構築する役割を有していることが見いだせた。
d0146612_1657554.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 16:57 | 教授の図工実践

夏の瀬戸内芸術祭へ

夏の瀬戸内芸術祭へ行きました
男木島,女木島,大島にいきました。
深く,島の歴史を考える時になりました。
d0146612_16523430.jpg

d0146612_16524274.jpg

d0146612_16525482.jpg

d0146612_1653678.jpg

ヤベさんのアートも高松でみました。
[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 16:53 | アートと地域

免許講習8月の報告

8月7日から9日かけて免許更新講習をしました。
みなさん,熱心に講習をうけておられました。
d0146612_16492756.jpg

d0146612_16493634.jpg

[PR]
by kazukunfamily | 2016-11-07 16:49 | 公開講座の情報

子どもと環境とアート教育の関わりを生かした図画工作科教育の実践的研究


by kazukunfamily
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る